空閑俊憲の日記

PurpleTaraPress © Toshinori Kuga,2008-2014

公開講演<チベット音楽>タシクンガ

2010年9月3日(金)14:20〜16:30
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(304室)
http://www.aa.tufs.ac.jp/

Tibetan Music

To listen to Tibetan music through the lyrics is to understand the Tibetan way of life. We can learn how they feel about their concepts of marriage, job, love and  compassion. Tibetan children sometimes learn how to, for example, count numbers or make clothes, by singing a song. Culture defines a set of people, supporting the people's minds and the land they belong to. The power of music unifies all  people in the world by promoting peace beyond politics.

In my lecture, I would like to explain the history and significance of Tibetan classical musical pieces called, "Nangma and Toshey," including the stories of  some popular singers and composers, as well as the musical performance.
                       ——Tashi Kunga

チベット音楽

歌詞を通してチベット音楽を聴くことは、チベット人の生活のやり方を理解することである。私たちはかれらがどんなふうに結婚や仕事や、愛や慈悲について思っているのか、その考えを学ぶことができる。チベットの子供たちはときには唄をうたいながら、たとえば、数の数え方や衣服の作り方を勉強している。文化はかれらの心や土地を支えながら、その特定の人々を定義する。音楽の力は、政治を越えて、平和を促進することにより世界のあらゆる人々をひとつにする。

私の講演では、当時人気のあった歌手や作曲家たちの話とその演奏を加えながら、「ナンマとトゥーシェー」と呼ばれているチベット古典音楽の歴史や意義について説明したいと考えています。
         ——タシ・クンガ/空閑俊憲

写真:東京外国語大学校内。撮影は筆者による。