空閑俊憲の日記

PurpleTaraPress © Toshinori Kuga,2008-2014

『僕の彼女はサイボーグ』


"My girlfriend is a Cyborg" Kwak Jae-Yong 2008
Starring: Haruka Ayase
『僕の彼女はサイボーグ』郭在容(クァク・ジョエン)監督・脚本 2008
日本に帰ってきてから気に入っている女優、綾瀬はるかが出演している。日本でもこんな面白い映画を作れる人がいるんだなと思ったら、監督は韓国人だった。いろんなハリウッド映画を部分的に想起させるギャグがあり、笑ってしまうが、この映画の時間の捉え方がよい。故郷を偲び、テクノロジーに先鋭な日本人の心をつかんでいる。脚本をもうすこし私なりに書き換えたいと思うが……。
同居人はあまり興味を示さなかったが、私は現代日本人を茶化しているような点を評価したい。時間は束ねられた糸のように流れている、という私の時間説と共通している。