空閑俊憲の日記

PurpleTaraPress © Toshinori Kuga,2008-2014

レース編み


「レースを編む女」フェルメール作、17世紀。
レース編みは曼荼羅のようにみえる。そうだとしたら、図案の原型を作り出す人は心の図を描いていたのだろう。しかし私にとって、心のなかはあんなに整然としているようには思えない。私の心はむしろその作業に近い。編まれていくレースの表裏から三次元空間へ飛び出す針と糸との運動とその軌跡、それこそ私の心の動きそのものといえるだろう。

私の台所にあるレースの一部